知られざる歯の豆知識~メタルフリーの時代へ

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
今回から、豆知識の内容も「メタルフリー」と題して、皆様に耳寄りな情報をお知らせできればと思います。
最近、「歯科で使う材料もメタルフリーにしましょう」という時代になって参りました。
「メタルフリー」とは、金属でない材料を使うことを言います。
これは単純に「白さ」とか「美しさ」だけではなく、「健康に配慮した」治療になります。
歯科の世界でも、昔は今では使用できない材料を使っていた時期もありました。その最たるものが「アマルガム」と呼ばれるものです。この金属には、水銀が含まれており、今では使うことはできませんが、昔の歯科医院では当たり前のように使用された時期があります。そのため、ある程度の年齢層以上の患者様には、まだ入ったままのアマルガムをよく見かけます。
現在、歯科では極力このアマルガムを除去し、他の材料(できれば金属以外)にしていくことが患者様の健康を考えた治療のスタンダードになっています。もし、ご自分の口の中に、やや黒い、鈍い光を放つ金属があるようでしたら、ぜひご相談くださいませ。