歯周病について

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
本日は、いろいろと誤解されている方も多い、歯周病について述べさせていただきます。
歯周病は、ものすごく簡単に言えば歯を支えている骨が減ることにより、グラグラしてしまうことにより、十分に噛めなくなり、ついには歯が抜けてしまう病気です。
歯周病の原因は、歯周病細菌はもちろんですが、かみ合わせの不具合、歯並び、喫煙など生活習慣に関する事項も増悪因子といわれております。
いわゆる虫歯と違い、痛みのサインが少ないため、見過ごされることが多く、気が付いたら歯が抜けてしまった・・という方も多いです。
欧米では、歯をきれいにすることは一種のステータスとされていますが、残念ながら日本ではその意識は少ないのが現状です。
8020運動(80歳で20本以上の歯を残す)のためにも、重要なポイントですので、正しい歯磨き、生活習慣で歯周病から歯を守りましょう。