歯周外科手術について

いちき串木野市 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
本日は重度の歯周病(歯を支える骨が溶けてグラグラした状態)への歯周外科治療についてご説明いたします。
歯周病は歯ぐきの表面に歯石(おおもとはプラークという歯周病細菌の塊)がへばりつくことにより、最終的には歯を支える骨を溶かす恐ろしい病気です。これが原因で歯を失う方も多いです。
通常、歯周病の治療は歯科衛生士さんが行う歯石とりでほとんどのケースは治るのですが、ひどい場合だと、それだけでは治りません。
そのような重症の方には、歯周外科治療というものがあります。外科治療というだけあり、ある程度大掛かりにはなりますが、その手術を行うことで歯の寿命を延ばすことも可能です。もちろん、すべての重症例が治るわけではありませんが、一考の余地はあると思います。当院でも歯周病治療に力を入れておりますので、ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。