矯正治療の目的について(2)

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
いよいよ来月から新元号「令和」の時代が始まります。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、前々回、矯正治療の目的ということで、述べましたが、なぜ矯正治療≒審美だけではないのか。
矯正治療を行うべき歯列(歯並び)は、非常にがたつきが大きく、当然ながら非常に磨きにくいのです。
磨きにくいということは、磨き残しが残る確率も大きくなり、その分むし歯、歯周病になりやすい場合が非常に多いです。
つまり、矯正治療を行い、綺麗な歯並びにすることで、磨きやすく手入れしやすいため、歯の寿命を延ばせることにつながります。ひいては健康な生活を送ることができるのです。