サッカーと歯科治療の類似点

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
先週より、FIFAワールドカップ ロシア大会が開幕し、世界のスーパープレーを観られている方も多いのではないでしょうか。
いわゆる強豪国のサッカーは、正確無比なパスワークだったり、球際での強さだったり、テクニックであったり、といった特徴があるかと思います。ドイツやスペイン、ブラジルなどのサッカーは見ていてワクワクするものです。
さて、今回のタイトルで、サッカーと歯科治療に何の類似点があるのか?ということですが、私は「状況判断力」と「限られた時間での正確さ」が共通すると思っています。
状況判断力、サッカーでいうならば、パスを受けたときに、どのようなプレーを選択するのかということです。歯科治療では、診断と治療計画の立案が当たると考えます。パスを受けてからどうしようか考えるプロの選手はおそらくいないでしょう。
限られた時間での正確性というのは、サッカーでは前後半45分という時間で勝たないといけません。歯科治療でも、ご予約の時間内に所定の処置を正確に行うことだと思います。点が入らないからといってアディショナルタイムを延長する審判はいませんよね。
私も、状況判断力と限られた時間での正確性をさらに向上させることが「患者様のため」だと常々考えておりますので、今後もさらなる研鑽を積んで参ります。