乳歯を失うことのリスクについて

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
今回は、お子様の乳歯をむし歯や事故等でやむを得ず失った場合、その後どのような影響があるかをお知らせします。
確かに、乳歯は最終的には永久歯に生え変わりますが、生え変わりの順番と時期はほぼ決まっており、そこを逸脱すると、大きな問題を引き起こします。
「どうせ、永久歯に変わるのだから、乳歯のむし歯は放っとけば良い」という考えの保護者の方が未だにいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。生え変わりの順番がずれるために、咬みにくくなり成長発育にマイナスの影響を与えてしまうことは、かなり以前から警鐘されております。
簡単に言うと、学力、体格、体力、その他人間として生きていくために必要不可欠なことにまで響くのです。
なぜ、毎年歯科検診があるのか、その意義を考えて頂きたいと思います。