診療方針・診療科目

[医院理念]

私達は、地域の方々が健康で豊かな人生を送ることができるよう、歯科医療を通じて貢献します。」
「一診入魂」 本気で治したい患者さんへ、国家資格のある歯科医師が、専門家として諦めず本気の治療を 行います。

<コンセプト>

 当院は、患者様の歯を 可能な限り、抜かない
 可能な限り、神経を取らない
 可能な限り、削らない
 そういう歯科医院です。
そのために日々研鑽を積み、安易にその場しのぎの治療に流れることなく、 本気で、必死に治療計画を常に立て、患者様に最良の歯科医療を提供する。
それが「くきた歯科クリニック」のやり方です。

 

一般歯科

その名の通り、いわゆる一般的な歯科治療を行います。
むし歯の治療や歯の中の神経をきれいにする治療、歯周病の治療かぶせ物、入れ歯の治療が主な内容になります。
お口の中全体の状況を把握し、最善の方法で治療を行うため、レントゲンや写真を使って患者様にご説明します。
保険内だけでなく、保険外の治療にも対応します。

齲蝕治療(むし歯の治療) 
象牙質まで達してしまったむし歯を綺麗に取り除き、詰め物もしくはかぶせ物をすることにより歯の機能を回復する治療です。昔は銀歯にすることが多かったのですが、現在では金属アレルギーなど安全面を重視しメタルフリー治療が推奨されています。



根管治療(神経を取る治療) 
歯の中には歯髄という神経があり、そこまでむし歯が到達し汚染されると激しい痛みに襲われます。根管治療では、汚染された神経を取り除き、最終的には神経の代わりになる特殊なお薬を根に入れて治療します。また、一度治療した歯でも再治療になることが多いため、その場合は感染根管治療といって、根の先の膿を取り除くところから始めます。

*この治療は歯科の中では保険点数も少なく、その割に非常に複雑で地道な治療ですので、ドクターの技術と意欲により大きな差がでます。残念ながら、明らかに手を抜かれたためにかえって重症化するケースが多いのも事実です。当院では、歯周病治療と並び重要視しておりますので、治療の進捗状況を随時患者様にご説明しながら治療します。

補綴治療(かぶせ物、差し歯の治療) 
先述の根管治療を行った歯は、神経の残っている歯に比べるとかなり弱い状態です。この状態では機能回復は得られないため、土台を立てて、かぶせ物をすることによって歯を保護し、強度を増す治療です。かぶせ物の精度が高い程、長持ちする傾向があります。
鹿児島弁では「さし歯」というでしょうか。


補綴治療(入れ歯の治療) 
歯を完全に失ってしまった場合に、インプラントやブリッジによる治療が困難な際に行われるのが、入れ歯治療です。欠損した部位の両隣の歯にはどうしても負担がかかりますが、歯を大きく削ることや、全身疾患などで手術ができない場合、良く使われます。高齢者には有効な治療法です。
鹿児島弁では「がんぶり」というようです。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、小さなお子様への治療や定期検診等を行います。
最近の統計では、お子様のむし歯の数は以前よりも大幅に減ってはいますが、歯肉炎(歯茎の炎症)や歯並びに問題のあるお子様が増えてきています。
この段階で大切なことは、お子様が歯科医院を苦手にならないように配慮することだと考えます。ですので、治療においても無理はしません小さな頃のトラウマにより、成人になってから歯科医院に足が向かなくなり、重症化する方もいらっしゃいます (歯科恐怖症といいます)ただし、保護者の方のご協力は必須ですので、食育やブラッシングについてはきちんと指導させて頂きます。
小さな頃から歯医者が身近で行きやすい環境を整えます。


口腔外科

インプラント

(難抜歯)
外科と聞くと大掛かりな手術を想像される方も多いとは思いますが、歯科の領域では親知らずの抜歯が大多数を占めます。
現代人は顎の骨の大きさが小さくなっているにも関わらず、歯の本数はほぼ同じですので、スペース不足によりどうしても親知らずが真っ直ぐに生えないケースが多く見受けられます。斜めに親知らずが生えると、当然磨きにくくなるので、親知らずだけでなく、その周囲の歯や歯茎にも悪い影響がでかねません。非常に難易度の高いケースは、鹿児島大学病院へご紹介致します。

(外科的歯内療法)
根管治療(上述)を受けた後、かぶせ物もせずにそのまま放置していると隙間から歯の根の先に膿が溜まってしまい、物が触れるだけで激痛を生じることもあります。その場合には状況に応じ切開し、粘膜側から膿を出すことがあります。
(口腔がん)
日本は先進国の中で、口腔がん(粘膜や舌にできるがん)の発症率、死亡率が高く、今後歯科医院の果たす役割も大きくなります。もし、何か異常を感じましたら、速やかにご相談ください。
外科処置の後は、痛み止めや抗生剤を出しますが、高齢者の方や妊婦の方、薬を多く飲まれている方は注意が必要ですので、問診の際にお知らせ下さい。おくすり手帳」をお持ちの方は、ご持参をお願いする場合があります。


矯正歯科(小児矯正・部分矯正)

予防歯科

矯正治療とは歯並びを綺麗にする治療ですが、ただ綺麗に並べるだけではありません。
矯正治療の真の目的は、歯並びを整えて、良いかみ合わせにすることです。
(小児矯正)
当院では、お子様には床矯正といって取り外しのできる装置を使った治療を行います。成人の方の行う矯正治療と違って、矯正のために歯を抜いたり、ワイヤーを取り付ける必要はなく、費用も抑えることができます。ただし、保険の効かない治療ですので、疑問点などございましたらスタッフへご相談ください。
(小児矯正)料金 上下顎 ¥30,000(税込)
           片顎 ¥20,000(税込)*別途調整料がかかります。
(部分矯正・MTM)

一般的な矯正治療というと、ワイヤーとブラケットという装置を歯の表面に貼り付けた大掛かりな治療ですが、部分矯正の場合は「動かしたい歯を動かす」ことが主な目的です。 治療期間が全顎治療に比べ短く(6か月程度で終了)、治療費も大幅に安く なります。 ただし、症例によっては部分矯正では困難な症例もございますので、ご相談ください。
 (部分矯正)料金 移動させる歯1本につき ¥50,000(税込)*別途調整料がかかります。

このページの画像およびイラストは ㈱コムネット 様より出典しております。