うがいの仕方について

いちき串木野市桜町 くきた歯科クリニック 院長の久木田です。
本日は、うがいの仕方についてお知らせします。
いわゆる「感染症対策」のうがいと、「歯磨き後」のうがいを混同している方がいらっしゃいます。
感染症対策は今は常識ですので、ここでは触れませんが、「歯磨き後」のうがいは、あまりやり過ぎると意味がありません。
歯磨き粉には、歯や歯周組織に有効な成分が多く含まれております。それらで歯磨きをした後、うがいをやり過ぎると、全部無くなってしまい、せっかくの有効成分まで消えてしまいます。
ですので、歯磨き後のうがいは、1~2回が推奨されております。初めは慣れないかもしれませんが、意味を考えればこちらが有効だとお分かりになると思います。
もちろん、外出後のうがいはこれまでどおり、感染症対策のうがいで結構です。