診療方針

[医療理念]

「私達は、地域の方々が健康で豊かな人生を送ることができるよう、歯科医療を通じて貢献します。」
そのためには…
・1本でも多くの歯を残すことにこだわり、無計画な治療を行わない
・1口腔単位での治療方針を考え、最善を尽くす

方針イメージ


[患者様とのお約束] 当院の目指す歯科医院としてのカタチが、ここにあります。

1.通いやすい歯科医院を目指します 
多くの患者様にとって、歯科医院はまだまだ通うのに億劫な場所です。私達は、患者様のお口の中だけでなく、 心理的な障壁を取り除くことにも全力を尽くします。患者様の立場に配慮した接遇とカウンセリングを徹底し、患者様の来院されやすい環境を整えます 。
2.より良い治療を行うためのスキルアップに努めます 
歯科治療における技術革新はまさに日進月歩です。できる限り痛みのない、時間のかからない、ハイレベルな診療を目指すために、私達は勉強会やセミナーへ積極的に参加し、最新の潮流や治療技術を学び、患者様へ還元していきます。勉強をやめてしまうのは、それ以上の成長する可能性を自ら捨てるのと同じです。最善を尽くし、1本でも多くの歯を残すことにこだわります
3.メインテナンス(定期検診)の充実をはかります 
治療を確実に行うことはもちろん大事ですが、治療後のメインテナンス(定期検診)はそれ以上に大事だと考えます。歯科医師として多くの患者様と接していると、「もう少し早い段階で来て頂いていたら、こんなに大変な思いをされなくても良かったのに」と思うこともしばしばです。 なぜでしょうか? 治療だけに来られる患者様は、得てしてその部分だけが悪いのではありません。他にも同じようになるかもしれない予備軍(リスク)を抱えていらっしゃるからです。歯は一度削ったら元には戻りませんし、削るたびにもろくなってしまいます。つまり治療を繰り返せば繰り返すほど、その歯の状況は悪化し、治療の選択肢もどんどん狭まってしまうのです。
これからは定期的なメインテナンスを行うことで、お口の中の環境を安定させ、豊かな人生を送るための手助けができればと思います。